水凪工房

Feed Rss

ウェイトレスだよコロナちゃん

03.25.2017, ウェイトレスだよコロナちゃん はコメントを受け付けていません。, イラスト, ワンドロ, by .

久しぶりにワンドロに参加しました。

お題はメイドだったのですけど、これだとウェイトレスですね。

多分ココスに行きすぎた影響かも!?

 コロナちゃん

 コロナちゃん(線画)

OepnCVのwatershed

03.19.2017, OepnCVのwatershed はコメントを受け付けていません。, Mac, by .

久しぶりにビルドしたら、普通に動く様になってました。

  マーカーでなぞると…

 領域分割してくれます。

03.18.2017, コメントを受け付けていません。, イラスト, by .

久しぶりに描くと自分の描きかたというのを忘れてしまうわけで、いつもより頭身が上がってしまいました。

 アイシスさん

 軽く塗ってみました

 

自宅ネットワークのMTUサイズ

03.18.2017, 自宅ネットワークのMTUサイズ はコメントを受け付けていません。, Mac, by .

自宅のストレージにはDrobo5Nを使用しているのですが、なんとなく設定を見返していて「今時MTUの上限は1500は低いかな」と思い、自宅環境のMTUサイズを調べてみることに。

Drobo5NはMTUを9000まで設定する事が可能であり、接続元のPC側も任意に設定が可能なので、おそらく問題になるのはルーター兼スイッチングハブとして接続されている機器(自宅環境ではAterm WR8370N)を経由する際に問題となりそう。

ひとまず、Drobo5NとMacOSX側のMTUを9000まで引き上げてpingコマンドで確認。

Aterm WR8370NはLAN側ジャンボフレーム透過機能を有効にする事で使用可能になりますが、Aterm側で通過可能なサイズ上限があるようです。

パケットサイズ8164で通過しました。

というわけで、うちの環境は8136(= 8164 – 28)が上限だった模様。

まぁ、そんだけです。

PureRefを導入してみました

03.15.2017, PureRefを導入してみました はコメントを受け付けていません。, Mac, by .

絵を描くとき、大抵なんらかの資料を見ながら描く事が多いです。

自分はArtRageを使用しているので、参照用画像を任意の場所にピン留めする機能があるのですけど、少し前に複数モニターの環境にしたので、専用のアプリケーションを導入してみる事にしました。

PureRef

http://www.pureref.com

参照画像表示専用のビューアです。

起動すると以下の様なWindowが表示されますので、あとは好きな画像を放り込むだけです。

 起動した状態

上図では全画面になっていますが、普通にWindow表示も可能です。

背景は濃度の異なるグレーが用意されていますが、カスタマイズ可能です。背景を透明にすることも出来ます。

 

 回転・拡大縮小・矩形で切り取り・上下左右の判定が可能です。

ショートカットキーを覚えないとちょっとつらい部分がありますが、慣れてしまえば好きな様に配置出来ます。

自分用にカスタマイズしたショートカットキー(覚書)

左マウスボタン + Z … 拡大縮小(Scale)

左マウスボタン + F … 反転(Flip)

左マウスボタン + R … 回転(Rotate)

 

Apache Spark 2.1.0(7)

03.11.2017, Apache Spark 2.1.0(7) はコメントを受け付けていません。, Linux, by .

ファイル監視によるSpark Stream。

ストリーム生成側

以下の例では#NANOHAが含まれるツイートを取集。

(#NANOHAでツイートが拾えない場合は適当なキーワードに変更してください。)

ファイルを使用するストリームでは、Spark側が監視しているフォルダに直接書き込まず、一旦別の場所に作成してから監視下のフォルダに移動させる必要があります。

ストリーム取得側

フォルダに格納されたjsonファイルを読み込んで、メモリ内にaggtableを生成・SparkSQLでデータフレームを生成。

Spark Streamを使用する場合は、生成したデータストリームをstartで開始させておくと、Spark側がメモリ内テーブルを更新してくれます。

Apache Spark 2.1.0(6)

03.11.2017, Apache Spark 2.1.0(6) はコメントを受け付けていません。, Linux, by .

Spark Streaming処理のデモ

ストリーム生成側

ランダムで「なのは」「フェイト」「はやて」の文字列を戻し続けるだけのサーバープログラム。

Apache Streamは改行コードまでが取り込み単位なので、データ終端として改行コードが必要です。

ストリーム取得(Spark Streaming)側

実行結果

sample_5_server.py を実行してからsample5_clinet.pyをSparkで実行すると以下の様な表示がコンソールに出力されます。

単純にカウントしたものを表示させているだけです。

Apache Spark 2.1.0(5)

03.11.2017, Apache Spark 2.1.0(5) はコメントを受け付けていません。, Linux, by .

やる気の感じられないサンプルなのは、動作メモのつもりで作成しているため…

recommendation

naive beyes

 

Apache Spark 2.1.0(4)

03.06.2017, Apache Spark 2.1.0(4) はコメントを受け付けていません。, Linux, by .

SparkはCluster環境でこそ本領を発揮するのですが、そういった環境はなかなか用意するのが手間なので、試しにDocker化してみました。

雰囲気ぐらいは確認出来るかと…

Dockerfileはsingularities/sparkを手本にしています。

.

masterとworkerをそれぞれの実行はこんな感じで。

 

Apache Spark 2.1.0(3)

03.05.2017, Apache Spark 2.1.0(3) はコメントを受け付けていません。, Linux, by .

spark-submit時にスクリプトにコマンドライン引数を渡す方法。

sys.argvに普通に入っていますので、argparseモジュールを使用したり出来ます。

Pythonでの処理方法と同じです。